[前のページに戻る]

弦屋光溪「〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の内 龍」/

作品詳細

商品番号
45056
作家
弦屋光溪
Tsuruya Kokei
作品
〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の内 龍 
技法
木版(自画・刻・摺) 雁皮紙(高知県産)  
エディション
限定30 ※掲載画像とはエディションナンバーが異なります。 
サイン
直筆サイン 
状態
新作 ※掲載画像と限定番号が異なります。 
サイズ
41×32.5cm(シートサイズ) 
枚数・点数
1枚 
制作年
平成28年(2016)  
備考・解説
連作〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の完結となる第五作(2016年5月)。

【作家より】
「アルチンボルドに捧ぐ五題」の五作目は「龍」にしました。
シリーズを締めくくる作品は何かめでたいものにしたく、高松塚古墳やキトラ古墳の壁画に描かれている四神や、古鏡の背面にある霊獣像の龍を思い浮かべました。霊獣・龍は東を守る守護神で、四霊獣や瑞獣ともいわれ、めでたいことの前兆として、姿をあらわすとされています。また、雨を降らせ天に昇り、地上と仙境の世界を行き来し、不老不死の薬を手に入れるといいます。
色彩は「青龍」から青や緑青を試すなど、最終的に墨の濃淡と決めるまでに時間を要しましたが、結果よい作品に仕上がったと思っています。
 

¥35,000(税込)

[前のページに戻る]