[前のページに戻る]

弦屋光溪「〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の内 猫」/

作品詳細

商品番号
35244
作家
弦屋光溪
Tsuruya Kokei
作品
〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の内 猫 
"Dedicated to Arcimboldo" series / Cats
技法
木版(自画・刻・摺) 雁皮紙(高知県産)  
エディション
限定30 ※掲載画像とはエディションナンバーが異なります。 
サイン
直筆サイン 
状態
新作 ※掲載画像と限定番号が異なります。 
サイズ
41.5×32.5cm(シートサイズ) 
枚数・点数
1枚 
制作年
平成25年(2013)  
付帯品
共帙 
備考・解説
当社所属の作家、弦屋光溪の最新作(2013年10月)。
連作〈アルチンボルドに捧ぐ五題〉の第一作。

【作家より】
16世紀のイタリアの宮廷画家アルチンボルドは、野菜や魚介類や動物などを組み合わせて人間の顔を作り上げる奇想の寓意画を創始しました。
私は10年前、東京芸術大学大学美術館でのウィーン美術史美術館名品展で2点のアルチンボルド作品の前に立った時、不気味に感じながら嬉々なる快感を覚えました。
画集で見るのとは異なり予想以上に大きく、題名「水」の40種余りの魚介類は実にリアルで、題名「冬」の枯れ木で作られた顔は老人でした。
それは暗闇の中に浮かび上がる幻想的な絵でした。
いつか、影響されたものを作りたいと、猫から始めて犬や昆虫や人などを考えるだけで真に愉快です。
ご期待ください。 

SOLD OUT

[前のページに戻る]